特集一覧 3 / 43

特集記事

ラトゥール

力強く男性的、晩熟な五大シャトー・ワインのひとつ|ラトゥール

ラトゥールという名の通り、「塔」をシンボルとした世界に名高い第一級シャトー。他と同様、1855年のパリ万国博覧会においてフランスのボルドー・メドック地区の格付けで“第一級”の称号を与えられた五大シャトーのひとつです。ちなみに、シンボルでもありラベルにも描かれている「塔」は、15世紀に土地を所有していたイギリス人が海賊の攻撃から身を守るために築いたものといわれています。 続きを読む»

ラフィット

ラフィット・ロートシルト|ボルドー5大シャトーの筆頭

ボルドー5大シャトーとは、1855年のパリ万国博覧会において、フランスのボルドー・メドック地区の格付けで“第一級”の称号を与えられた4つのシャトー(醸造所)に、1973年に昇格となったシャトー・ムートン・ロスシルドを加えた世界トップクラス・シャトーのこと。その筆頭ともいえるのが、シャトー・ラフィット・ロートシルトです。 続きを読む»

焼酎の3M『森伊蔵』『魔王』『村尾』

そもそも焼酎は、蒸留酒のひとつ。中国大陸や東南アジアで製造されていた蒸留酒が、14世紀以降日本に伝来し、琉球にて1477年頃に泡盛が製造されたことが日本における蒸留酒造りの始まりだと考えられています。本州における蒸留酒造りは、薩摩国で始まりました。最初は米やアワ、キビなどの穀類を原料にして造られていましたが、その後1705年、当時の薩摩藩の前田利右衛門がさつまいもを持ち帰って広めたことにより、芋焼酎造りが始まったとされています。 続きを読む»

ルイ13世

濃厚な味わいの、コニャックの代名詞的存在|レミーマルタン(ルイ13世)

1724年に創業して以来、ケンタウロスのシンボルマークで世界的に高い知名度を誇っているレミーマルタン。ルイ15世がブドウ栽培の拡大を特別に許可したという卓越した酒質は、VSOPやXOに代表される商品に引き継がれています。 続きを読む»

カミュ・ブック

独自のノウハウで造られた極上コニャック|カミュ

カミュ社は、1863年に創立。以来5世代にわたり、コニャックの名門として高品質コニャックを生産しています。コニャック地方でもっとも希少なボルドリー地区に135ヘクタールの自社ブドウ園を所有し、力強いフローラルのブーケと長期熟成向きのオー・ド・ヴィを生産。繊細でまろやかな味わいをももたらす自社原酒を、他5地区の吟味されたコニャックとブレンド。その独自のスタイルから、コニャックひとつひとつには、「カミュ」ならではの個性が映し出されています。  続きを読む»

ヘネシー

門外不出の技術が磨き上げた味わい|ヘネシー

アイルランド出身のリシャール・ヘネシーが1765年に創業。自らの名を冠したたぐい稀なるコニャックを誕生させて以来、その妥協なき技術は8世代にわたって脈々と受け継がれてきました。 続きを読む»

End of content

No more pages to load