高額買取のコツ

ボルドー5大シャトーの筆頭

ラフィット

ボルドー5大シャトーとは、1855年のパリ万国博覧会において、フランスのボルドー・メドック地区の格付けで“第一級”の称号を与えられた4つのシャトー(醸造所)に、1973年に昇格となったシャトー・ムートン・ロスシルドを加えた世界トップクラス・シャトーのこと。その筆頭ともいえるのが、シャトー・ラフィット・ロートシルトです。

続きをみる

ワインを造るシャトーとして名を馳せるようになったのは17世紀、セギュール家がブドウ畑を作ってから。評価が確立したのは18世紀、ニコラ・アレクサンドル・セギュール侯爵所有の時代。ルイ15世の時代には、“若返りの泉”としてラフィットはヴェルサイユ宮殿で話題となります。その後、ラフィットは侯爵の4人の娘に分け与えられ、「ラフィット」と「ラトゥール」に分割されるのです。

1868年に、競売にかかった「ラフィット」はロスチャイルド家が落札して所有。1950年代にエリー男爵が、畑と施設の再生に取り掛かります。1970年代に、男爵の甥であるエリック男爵が運営を引き継ぎ、ボルドーのトップシャトーという地位を確固たるものに。“グランクリュ第1級の中の1位”にランクされてから、今日まで王座に地位に君臨し続ける、世界最高峰の名門シャトーといえます。

その名を冠した『シャトー・ラフィット・ロートシルト』は、カベルネ ソーヴィニヨンを主体にブレンド。100%新樽で約20ヶ月間、専用の樽工房で造られたオーク樽で熟成。優美で繊細、そして芳醇な味わいはまさにメドック一級の風格。長い熟成期間を経て、その実力を花開かせる“王のワイン”と呼ぶにふさわしいワインです。

『カリュアド ド ラフィット』は、ラフィットのセカンドワイン。熟成は18~20ヶ月で新樽率は約10%。比較的樹齢の若いカリュアド用の区画のブドウを使用。ラフィットのスタイルを受け継ぎ、高いレベルでバランスの取れた端整なワインです。

ラフィット・ロートシルトの産地

原産国/地方/地区
フランス/ボルドー/メドック地区 ポイヤック
格付け/タイプ
メドック1級/赤ワイン
ブドウ品種
カベルネ・ソーヴィヨン70%
メルロー25%
カベルネフラン3%
プティヴェルド2%
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…