お酒特集記事一覧 page43 of 43

お酒特集記事一覧 page43 of 43

お酒コラム|豆知識や銘柄ごとの情報など掲載中

img_of_ロマーノ・レヴィ

アバターWebmaster.M

手描きのラベルデザインも有名なグラッパ「ロマーノ・レヴィ」

ロマーノ・レヴィは、世界中に熱烈なファンをもつグラッパ職人。 1925年に、父セラフィーノ蒸留所レヴィ・セラフィーノを創業。1933年に父が亡くなった後は母バルボ・テレジーナが蒸留所を切り盛りしていましたが、1945年に空爆によって他界。当時まだ17歳でアルバの学校に通っていたロマーノが、姉リディアの協力のもと、退学して蒸留所を引き継ぐこととなります。 続きをみる1971年にイタリアの有名な醸造家であり料理人、作家でもあったルイジ・ヴェロネッリが『優れたグラッパ』と題しレヴィのグラッパを雑誌に掲載したときからさらに広く知られるようになりました。...
2016/09/16
ブラントンブラック

アバターWebmaster.M

ひとつの樽から250本しか生まれない至高のシングルバレル、ブラントン・ブラック

バーボンの産地はアメリカ中東部に位置するケンタッキー州が中心。その南のテネシー州のウイスキーは、特別にテネシーウイスキーと呼ばれています。蒸溜直後にサトウカエデの木炭で時間をかけてろ過されるのが特徴で、バーボンウイスキーとは違った、独特のまろやかさとなめらかさをもつメロウなウイスキーと評されています。 続きをみる 『ブラントン』は、1984年、ケンタッキーの州都フランクフォート市の市制200年を記念して誕生したシングルバレルウイスキー。エンシェントエイジ社のディスティラリーに40年間勤め「ディーン・オブ・ケンタッキー=ケンタッキーの長老」と呼ばれたバーボンづくりの名人、アルバート・ブラントン大佐の名をとって生まれました。...
2016/09/16

アバターお酒買取専門店|買蔵

店舗の過剰在庫を整理したいときはぜひ出張買取を

店舗の過剰在庫を整理したい メニューのリニューアルとともにお客様に提供しなくなったお酒が余っている お店が閉店することになったので不要なお酒を処分したい こんな事を考えて、買取に出そうとされておられる飲食店オーナー様ではぜひご一読下さい。 リサイクル業界は世間の景気を反映している業界です  リサイクル業界は景気が良いときはあまり注目されませんが、悪くなってくると出費を抑えたり、不用品を売って現金に変えることが多くなり、注目されるようになります。お酒の買取店も例外ではなく、景気が良いときはお酒の消費も増えるのか、あまり大型の閉店での買取はありません。リーマンショックのときはあまりまだこの業界も成熟していなかったですが、それでもかなり引き合いが多かったのを記憶しております。  最近では比較的景気が良い為か、飲食店の閉店は少なくなったように感じます。とは言え、代替わりで廃業される酒屋さんや、店舗の営業形態を変えるため、一度閉店して、在庫の入替えを行うオーナー様がいらっしゃることも事実です。...
2017/08/29

読込完了

ページ読み込みエラー