三軒茶屋店 閉店のお知らせ一覧

その他の地域のお客様

北海道のお酒買取 /宅配買取

北海道の酒といえば、アイヌの伝統的な酒であるトノトがあります。 ヒエから造られるトノトはにごり酒(どぶろく)で、一般には市販されない幻のお酒です。トノトは神への供物として、アイヌの祭事・カムイノミやイチャルパなどで大切なお酒です。酒作りは全て女性の手で行われ、カッケマ(淑女・奥様)と尊崇される人徳備わった女性が担い手になります。 続きを読む»

青森県のお酒買取 /宅配、店頭

縄文遺跡「三内丸山」 青森といえば、縄文時代の三内丸山遺跡が有名ですが、縄文遺跡からは、当時の住居跡や縄文土器が発掘されます。 日本人のルーツである縄文人の生活ぶりを知ることは、古代へのロマンを掻き立てます。 縄文人の食生活はゴミ捨て場を調べることによって知ることができますが、縄文人の食料の大部分は木の実などの植物性の食料でした。 縄文時代のお酒 三内丸山遺跡の低地からは縄文人が利用し捨てた大量の … 続きを読む» 続きを読む»

秋田県のお酒買取 /宅配買取

秋田のお酒の歴史 秋田県の酒造業の歴史は古く、創業百年を超える酒蔵がたくさんあります。県内最古の酒蔵は、にかほ市にある「飛良泉」で、長享元年(1487年)の創業は全国で3番目に古い酒蔵です。17世紀、秋田には400を超える鉱山があったものと推測されます。娯楽が少ない鉱山労働者にとって、酒は必要不可欠なものであったと考えられます。特に慶長11年(1606年)に院内銀山が発見されると、全国から技術者、 … 続きを読む» 続きを読む»

岩手県のお酒買取 /宅配買取

南部藩と近江商人 南部藩の商業経済を支配したのは、17世紀頃から領内に住みついた近江商人たちです。その先駆者といえる村井新兵衛は、慶長15年(1610年)南部遠野に来て3年在住し、慶長18年(1613年)盛岡に来往し紙町に居住しました。そして、彼を頼って近江高島郡の出身者が相次いで来往しました。 近江商人は、上方から木綿・古手などの雑貨を運び、奥州から砂鉄・紅花・紫根を上方に送る「産地回し商法」で … 続きを読む» 続きを読む»

山形県のお酒買取 /宅配買取

山形県の清酒 山形県は鳥海山、出羽三山、飯豊連峰がそびえます。山々に降った雨は山肌を流れ下り、小さな小川が集まり、最上川となって大地を潤し、肥沃な大地から酒米がとれます。庄内地方は鳥海山・出羽三山等に囲まれ、その伏流水と最上川など豊かな水に恵まれており、江戸時代から質・量ともに全国有数の米どころとして有名でした。庄内地方にある大山の町は天領(幕府直轄地)として江戸時代初期から本格的な酒造りが始まり … 続きを読む» 続きを読む»