ブランデー/コニャック|お酒特集記事

ブランデー/コニャック|お酒特集記事

コニャック特集。ブランデーといえばコニャック。コニャック・ブランデーの豆知識や銘柄ごとの情報など掲載中

https://xn--t8jvds80kd3gpkdf39g0zgyui.jp/wp-admin/themes.php?page=wpeditor_themes#
レイモン・ラニョー

こだわりの逸品をつくるトップ・プロプリエテールのレイモン・ラニョー

レイモン・ラニョーは、栽培から蒸留、熟成、瓶詰をすべて自社で行っているプロプリエテール。こだわりのシングル・コニャックをつくる現在では数少ないファミリー・オーナー・メーカーです。「強さと繊細さの両極を見事に調和させた、最高にバランスのよいコニャック」といわれるほどで、現在では10社にも満たないと言われる希少なプロプリエテールの代名詞的存在。 続きを読む»

伝統的な製法で作られる高級ブランデー「ポール・ジロー」

ジロー家は、グランド・シャンパーニュ地区で400年前から代々農業を営んできた旧家。1800年代の後半から300年以上にわたってコニャックの生産を始め、現在まで高品質なコニャックを生み出し続けています。1970年代から本格的に蒸留までを行うようになり、現在では、ブドウの剪定や収穫などの畑の管理から醸造・蒸留・樽詰・熟成までのすべてをポール・ジロー氏が行っています。 続きを読む»

300年以上の歴史あるコニャックメゾン「プルニエ」

メゾン・プルニエ社は1701年、ジーン・プルニエによって設立。当初はコニャックの輸出を手掛けていましたが、“コニャック男爵”として有名な5代目 マルセル・プルニエがグラン・シャンパーニュ地区のブドウ畑を手に入れ、蒸留業を開始。コニャック地方に確固たる地位を築きました。ちなみに、『ボトルシップ』などで知られるコニャックメーカー、 ラーセンの創業者であるイェンス・レインダール・ラーセンがコニャックづくりを学んだのが、このプルニエ社です。 続きを読む»

愛好家からの評価も高い名門コニャック「オタール」

フランス革命によって国に没収されたこのシャトーを、1976年に当時のコニャック市長であったオタール男爵が買収。コニャックの熟成に最適な条件を備えたこの場所を、コニャック業務のために使用するようになります。コニャックファンから品質の良さを評価されている銘柄で、現在はバカルディ・マルティーニ社の傘下にあります。 続きを読む»

名門貴族の家名を冠するコニャック、ポリニャック

860年から続くフランス貴族の名門でヨーロッパの代表的旧家であるポリニャック家が、「家名と紋章を使用しても良い」という了承を1947年に与えたことから始まったとされる蒸留所。1959年、デンマーク王フレデリック9世が「デンマークの荘厳なる宮殿にも勝る味」と称賛したことから、現在でもヨーロッパを中心に高い人気を誇るコニャックです。 続きを読む»

世界一高価ともいわれるコニャック”フェクション”

ハーディ ペルフェクションは100年以上熟成された最高級コニャックで、限定1,200本しか出回っていないほど希少であることから、驚くほどの高値がついています。美しいボトルは、フランスのガラス工芸ブランドとして名高いドーム社製。1878年に創業して以来、何世代にも受け継がれてきた技術を駆使してつくられたクリスタルのボトルは、それだけでも価値があるともいわれ、ブランデーの価値をさらに高めています。 続きを読む»

End of content

No more pages to load