高額買取のコツ

名門貴族の家名を冠するコニャック

860年から続くフランス貴族の名門でヨーロッパの代表的旧家であるポリニャック家が、「家名と紋章を使用しても良い」という了承を1947年に与えたことから始まったとされる蒸留所。

続きをみる

1959年、デンマーク王フレデリック9世が「デンマークの荘厳なる宮殿にも勝る味」と称賛したことから、現在でもヨーロッパを中心に高い人気を誇るコニャックです。

グランド・シャンパーニュ、プティ・シャンパーニュをブレンドした重厚なつくりで、樽香ののった辛口が特徴のブランデーは、フランス国内でも人気。
メイン商品となっている『ポリニャック V.S.O.P』は伝統的な芳香とふくらみに優れています。またボトルも美しく、視覚的にも楽しめる銘柄です。
リモージュ陶器に入ったフィーヌ・シャンパーニュ規格の『ポリニャック リモージュ・クレスト』は、“ベルサイユ”が宮殿の白とゴールドを、“マルセイユ”が海の色を、“バースティーユ”が革命家の情熱をそれぞれイメージしています。
同じくボトルの美しさで価値が高いのが、フランスのクリスタル名門メーカーであるクリスタル・ド・セーブル製のボトルが輝きを放つ『ポリニャック クリスタル・セーヴル』、星座をプリントしたデカンタに時計が付いた美しいボトル入りの限定品『プリンス ユベール ドゥ ポリニャック2000』など。

そのほかのラインナップには、『ポリニャック V.S.O.Pゾディアック』、『ポリニャック ナポレオン』、『ポリニャック X.O ロイヤル』、『ポリニャックリムーザン』、『ポリニャック セーヴル』、『プリンス ユベール ドゥ ポリニャック』などがあります。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…