高額買取のコツ

果実味に富んだ華やかで魅惑的なワイン

リシュブール

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(D.R.C)は、フランス・ブルゴーニュ地域のヴォーヌ・ロマネ村にあるワイン製造会社。この会社が所有するロマネ コンティ畑の始まりは、古代ローマ時代。ローマ人が統治とブドウ栽培への感謝からこの村の極上の畑に“ロマネ”という名を贈り、以来2000年に渡ってブドウ栽培が行われています。

“コンティ”という名は18世紀ブルボン朝のコンティ公が由来。コンティ公ルイ・フランソワ1世が、国王ルイ15世の愛人であるポンパドゥール夫人との争奪戦の末、1760年にこの畑を手に入れたといわれています。フランス革命によって畑は没収されますが、ロマネ コンティという名前だけは残ったのです。1869年に、現当主であるオベール・ド・ヴィレーヌ氏の家系が所有権を得て、畑を拡大。1942年に会社組織とし、現在は同氏とアンリ・フレデリック・ロック氏が共同経営者となり、ドメーヌの運営を行っています。

『D.R.C リシュブール』は、そのドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(D.R.C)が所有するリシュブール畑で栽培されたピノ・ノワール種のブドウから造られた赤ワイン。“100の花の香りを集めてきたような”華やかさのあるワイン。

 リシュブールは、3.15haとD.R.Cが所有する畑の中でロマネコンティに次いで小さな畑。ロマネコンティのすぐ北に隣接し、年間生産数は約12,000本。D.R.Cが造る特級赤ワインの中では『ロマネ・コンティ』、『ラ・ラーシュ』に次いで評価が高く、当たり年には『ラ・ターシュ』と同じレベルの高い評価を受けることも。果実味に富んだ極めて魅惑的なワインとなるのがこの『リシュブール』で、もっともブルゴーニュらしいと高く評価されることも多いのが特徴です。

続きを読む

D.R.C リシュブールの産地

原産国/地方/地区
フランス/ブルゴーニュ/ヴォーヌ・ロマネ
格付け/タイプ
特級/赤ワイン
ブドウ品種
ピノ・ノワール 100%
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…