買取事例

ボルドーとカリフォルニアのエリートから生まれた秀逸のワインです。

オーパス・ワン・ワイナリーは1979年に、シャトー・ムートン・ロートシルトの経営者フィリップ・ド・ロートシルト男爵とカリフォルニアワインの帝王・ロバート・モンダヴィにより、カリフォルニアのナパに誕生しました。
ボルドーの名門バロン・ド・ロートシルト社とカリフォルニア躍進の牽引車ロバート・モンダヴィ社の合弁会社は、最初から成功の約束されたワイナリーでした。

続きをみる

オーパスワンのゴールは、妥協を許さない極上のワインを造ることです。ブドウ畑ではボルドーの技術である密植栽培が行われ、通常の 5~6 倍の密度で植栽されています。密植栽培により、ブドウは小粒になり、果汁に対して果皮の比率が高くなります。

ブドウはすべて手摘みで収穫され、小さな箱に丁寧に入れられて、ブドウ畑からワイナリーまで細心の注意を払い搬入されます。完璧な状態が維持されたブドウは人手で選別され、不完全なブドウはすべて取り除かれます。ブドウは、除梗機からステンレス製タンクへ重力のみを利用して移されます。ステンレスタンクでは、低温で穏やかな発酵プロセスができます。

オーパスワンではただ一つのワインを生産しているので、タンクは、ブドウのロットごとに専用で使うことができます。各タンクは収穫期に1回だけ利用するため、発酵とスキンコンタクトの工程を急ぐ必要がありません。温度調節機能により温かい温度に保たれるタンクでは、長期のスキンコンタクトが行われ、果皮や果肉から豊かな風味と色が抽出されます。フリーランワインはタンクからフレンチオーク樽へ容易に流し込めます。

約1年半の樽熟成を経て、ワインは瓶詰めされます。オーパスワンは、瓶詰め後に1年半の瓶熟成が行われ、収穫から約3年後に発売されます。

こうして生まれるオーパス・ワンは大柄で肉付きが良く、果実味や樽風味を愉しめます。完熟プラムやチョコレートの風味も溢れます。熟成能力もあり、2年で若さを感じます。

豆知識

創立者の一人、フィリップ・ド・ロートシルト男爵はヨーロッパの偉大なワインファミリー・ロートシルト (ロスチャイルド) 家の一員です。

オーパス・ワンの産地

原産地
アメリカ・カリフォルニア・ナパバレー
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…