高額買取のコツ 買取事例

ボルドー最古の歴史を誇るシャトー

オーブリオン

1855年のパリ万国博覧会でのフランスのボルドー・メドック地区の格付けにおいて、例外的にメドック地区以外から選ばれた唯一のシャトー。誕生したのは1550年とボルドー最古の歴史を誇ります。

続きをみる

数々の技術革命を起こしたのち、イギリス市場に進出。1666年、ロンドンに『オー・ブリオン』を供える居酒屋ができると、このワインは大評判となります。また、フランスがナポレオン戦争で敗れた際、敗戦国の処遇を決める1814年のウィーン会議での晩餐会でも豪勢な料理とともに『オー・ブリオン』が提供されています。これによってフランスは領土をほとんど失うことなく乗り切れたことから、“フランスを救った救世主”とまで呼ばれることとなり、その名声は瞬く間にヨーロッパ全土に広がることとなります。グラーヴ地区であるにも関わらず、特例として五大シャトーに名を連ねているのも当然だといえそうです。

『シャトー・オー・ブリオン』は、五大シャトーの中でもっとも“エレガントで香り高い”と評される一方、“軽やか”“外交的”とも言われています。メドック地区のワインと比べるとメルロー種の比率が高いため、渋みが少なく柔らかさがあり、グラーヴ地区らしい香りや味の調和がとれた、とても親しみやすい味わい。さらに優れた凝縮感を持ち合わせていて、良いものは若いうちから飲みやすいにも関わらず、ゆっくり寝かせると重みとともになめらかな舌触りも増加。30年の熟成にも耐えることから、五大シャトーの中でもっとも飲み頃の期間が長いワインとも言われています。

その他、『シャトー・オー・ブリオン・ブラン』という辛口の白ワインも生産。白のセカンド・ワインには限定生産の『レ・プランティエール・デュ・オー・ブリオン』、赤のセカンド・ワインは『ル・クラランス・ド・オー・ブリオン』があります。

オー・ブリオンの産地

原産国/地方/地区
フランス/ボルドー/グラーブ地区 ペサック・レオニャン
格付け/タイプ
メドック1級/赤ワイン
ブドウ品種
カベルネ・ソーヴィニヨン45%
メルロー37%
カベルネフラン18%
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…