職人技が造り出す華やかなシングルモルト

バルヴェニー蒸溜所は、ハイランド地方のスペイ川流域に密集する蒸溜所のなかでも、伝統的なウイスキー造りを今も守り続けている蒸溜所。世界中で最も飲まれているといわれる「グレンフィディック」の第2蒸溜所としても知られています。創業は1892年。グレンフィディック蒸溜所の創始者であるウィリアム・グラントにより、グレンフィディック創業の5年後に開設されました。蒸溜所の名前になっているバルヴェニーはダフタウンにある古城の名前で、ゲール語で『山の麓の集落』の意味です。この古城は13世紀にさかのぼる歴史がありながら、廃城として長らく放置されたままでした。その後、ふもとにつくられた新バルヴェニー城の跡地をウィリアム・グラントが取得し、バルヴェニー蒸溜所の地としたのです。

続きをみる

『バルヴェニー』は、熟練の職人の手によって、伝統の製法で丁寧に造られているシングル・モルトウイスキー。そのこだわりのひとつといえるのが、手間のかかる伝統的なフロアモルティングです。麦芽の乾燥も自社で行うことで、ピートの香りづけを調整し軽やかなピート香の麦芽を製造。蒸溜に使う蒸溜釜は、〝バルヴェニーボール〟と呼ばれるネックにこぶが付いた独特の蒸溜釜を採用しています。これにより香りの成分をおだやかにじっくり抽出。豊かで重厚なモルトウイスキーを造り出しています。また熟成樽は、バーボン樽やシェリー樽だけでなく、ワインやポートワインの樽なども使用し、さまざまな組み合わせによって、多彩な味わいのモルトウイスキーを生産。『バルヴェニー』ならではの華やかでコクのある個性的なモルトウイスキーが生まれるのです。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…