甘さの中に芋の風味が広がる長期熟成焼酎

村尾

『村尾』は、創業明治35年の「村尾酒造」が手掛ける鹿児島の本格長期熟成芋焼酎。アルコール度数は25度。現在の杜氏は3代目当主であり、焼酎造りの天才といわれる村尾寿彦氏。数年前まで原料調達から仕込み、蒸留、配達まですべてをまかなっていたため、当然のことながら生産量も少なく、入手が困難に。

続きをみる

原料には黄金千貫(こがねせんがん)と白豊(しろゆたか)を使用し、黒麹仕込みで時間をかけて丹念に仕込み。蒸留機本体からパイプの曲り具合まで杜氏本人が調整するというこだわりで仕上げられた焼酎は、芳香な香りとまろやかな味わいが魅力。口に含んだ瞬間に芋の香ばしさが広がり、最後は芋らしい甘い風味が心地よく残ります。

ちなみにもうひとつ、村尾酒造には代表銘柄の『薩摩茶屋』が。こちらの味わいもまろやかでキレがあり、飲みやすいのが特長。西郷隆盛がお茶を飲みに村尾酒造に立ち寄っていたことから名付けられています。

最近の焼酎/日本酒の買取

焼酎/日本酒の買取結果一覧へ
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…