毎年同じ季節に蒸留されるシングルモルトが特徴

“小さな黒い丘”という意味を持つノッカンドゥは、1898年に創業した蒸留所。質の良いウールを生み出す条件が整っていることから上質なウール製品を生み出すことでも知られている、スぺイ川上流のノッカンドゥ地区に位置。ブレンテッド・スコッチとして有名なJ&B(ジャステリーニ&ブルックス社)のメインモルトとしても使用されています。

続きをみる

ノッカンドゥでは、「もっとも自然な形の原料を使用すること」にこだわり、原料の大麦やイースト、蒸留所の上にある丘の湧き水などを自然のままで使用。さらに、毎年同じ季節に蒸留することを伝統としているため、この蒸留所で造られたオフィシャル・ボトルでは、蒸留された年と瓶詰めした年がそれぞれラベルに明記されているのが特徴です。
ラインナップには『ノッカンドゥ マスターリザーヴ』、『ノッカンドゥ スローマチュアード』『ノッカンドゥ 12年』、シングルカスク・レア・リミテッド・エディションとなる『ノッカンドゥ12年 ザ・マネージャー・チョイス シングルカスクコレクション』などがあります。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…