カティーサークの原酒にもなるエレガントな味わい

グレンゴイン蒸溜所は、スコットランド南西部、グラスゴーの北約20kmの山中にある蒸溜所。スコットランドで最も景色が美しいといわれている蒸溜所のひとつで、敷地内には丘から流れ出る美しい滝があります。グレンゴインとは、ゲ―ル語で〝雁の谷〟を意味します。ここはハイランドとローランドの境界線でもありますが、ハイランド側にあるグレンゴインという名の小川の水を利用しているため、昔からハイランド・モルトとされてきました。創業は1833年。現在はロバートソン&バクスター社系列のラング・ブラザーズが所有しています。

続きをみる

この蒸留所の最大の特徴は、他のスコッチ・モルトウイスキーとは異なり、麦芽を乾燥させる際、全くピートを焚きこまないところにあります。ピートを焚き込んでいないシングルモルト・スコッチは、スキャパと、グレンゴインの2箇所といわれています。また原料の大麦はゴールデンプロミス種を使用。ピート香をつけず、ゴールデンプロミス種を使用するのは、〝麦芽本来の風味を純粋に楽しんでもらいたい〟という蒸溜所の思いがあるためです。また熟成樽は、スペインのヘレスにあるシェリー業者にグレンゴイン用のシェリーの空き樽を造るように依頼したものを使用。パロコルタドという種類のシェリーの空き樽のほか、フィノやアモンティリャードの空き樽も使われています。
『グレンゴイン』の特徴は、麦芽のフレーバーを純粋に追及したストレートな麦芽の豊かな風味。ナッツのようなニュアンスがあり、上品でバランスの取れた味わいが楽しめます。『カティーサーク』や『フェイマスグラウス』の原酒にもなるシングル・モルトウイスキーです。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…