高額買取のコツ

ハチミツのような甘さをもつ『ホワイトホース』のキーモルト

ウイスキーの故郷ともいえるスコットランド・ハイランド地方のスペイサイド。ウイスキー造りに最適な自然環境に恵まれ、世界に知られる蒸溜所が密集しています。そのひとつであるエルギン蒸留所は、なかでも立地条件に恵まれた蒸溜所。仕込み水には、蒸溜所の南東に位置するミルビュイー・ロッホ(湖)近辺からひいた柔らかな天然水を利用。またグレン川の豊富な水を動力源としてタービンを回していたため、1950年までは電力を全く必要としませんでした。第一次・第二次世界大戦、1920年代アメリカの禁酒法時代、世界不況の波などウイスキー業界の不況により次々に蒸留所が閉鎖したときでも、電力費を削減していたグレンエルギン蒸留所は生き残ることができたといわれています。

続きをみる

グレンエルギン蒸溜所の創業はウイスキーブームの後期である1898年。グレンファークラスの元所長ウィリアム・シンプソンと地元の企業家ジェームズ・カールの共同出資によって創設されました。建物の設計と建築は、著名な蒸溜所建築家であるチャールズ・ドイグ・オブ・エルギンによるもの。今日でもエルギン蒸留所では、夏にはイワツバメがウォームタブの間を飛び回り、100年以上の間、ほとんど変わらないようなのどかさがあります。
1930年代になると『ホワイトホース』を持つスコティッシュ・モルト・ディスティラーズ社がエルギン蒸留所を買収。ブレンデッド・ウイスキーである『ホワイトホースのキーモルトに。1960年には4基のスチルを増設するほどの発展を成し遂げ、シングル・モルトウイスキー『グレンエルギン』がリリースされました。
『グレンエルギン』の魅力は、スペイサイドの個性が際立つハチミツのような甘さとモルトのふくよかな香味。飲み口は想像以上にやさしくスムーズなので、モルトの入門者や女性にもおすすめのウイスキーです。1977年からはイタリアや日本などにも輸出され、世界中にファンを広げています。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…