高額買取のコツ

700年以上の歴史と伝統を持つ名門コニャック

フラパンは、700年以上の歴史と伝統を持つ名門コニャック・メゾン。1270年以来コニャック地方に居住し、最高級の格付け地区であるグランド・シャンパーニュにあるフォンピノ城で、ブドウ栽培とコニャック造りを行ってきました。

ブドウ畑は、グランド・シャンパーニュ地区の総面積11,000haのうち、地区最大となる320haを所有。品質の良いブドウを栽培するのに最適な土壌を有しています。
それゆえ、大手メゾンが原料のほとんどを外部から調達しているのに比べ、グランド・シャンパーニュ100%のオリジナル原酒を生産。ブドウ栽培から醸造・蒸留・熟成・ブレンドのすべてにこだわった、産地や年号がはっきりしている優れた品質のコニャックを安定して造り続けています。

コニャック販売会社としてのメゾン・フラパンは19世紀末、ピエール・フラパンによって創立。20世紀始めには、ヨーロッパ中の“通”に好まれ、名手としての地位を確立していました。その後、フラパン家の娘がレミーマルタン社の社長夫人となったことでレミーマルタンの原酒として供給されるようになると、メゾン・フラパンの名は忘れ去られてしまいます。

しかし、1970年代に入ってからは再び自己商標での販売を開始。幻とも呼ばれるフラパンのコニャックがよみがえることとなります。

フラパンのコニャックは、すべて最高格付けであるグランド・シャンパーニュ100%。まろやかで重厚、芳醇で繊細な味わいが特徴です。中でも『フラパン V.S.O.P.』は世界で唯一のグランド・シャンパーニュ格付け品。平均熟成期間は8年。
『フラパン ナポレオン』は、6年以上熟成した原酒を始め、15~20年熟成した原酒をブレンド。深い味わいが特徴です。1997年ワイン&スピリッツ インターナショナル・チャレンジのX.O.部門でもっとも栄誉のある「トロフィー賞」を受賞した『フラパン V.I.P.XO』などもあります。

続きを読む
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…