買取事例

歴代米国大統領が愛飲したケンタッキーを代表するバーボン

アメリカンウイスキーの銘柄のひとつで、1855年から製造されているバーボンの代表的銘柄『ワイルド・ターキー』。1971年まで『ワイルド・ターキー』製造会社であるオースティン・ニコルズ社は蒸溜所を持たず、原酒を購入してブレンドして製造していました。同年、ケンタッキー州ローレンスバーグの古い蒸溜所を買収してからは、蒸留から熟成まですべて自社で行うようになりました。

続きをみる

ちなみに、その蒸留所オーナーのトーマス・マッカーシーが、北カロライナ州の七面鳥狩りに集まる人々のために、特別ブレンドのバーボンを振る舞ったところ大好評。七面鳥狩りにちなんでこれを『ワイルド・ターキー』と呼んだことが、ブランドネームの由来といわれています。

このバーボンが全米で人気を博すようになったのは第二次世界大戦後、アイゼンハワー大統領が愛飲していることがブームのきっかけでした。

蒸留、樽詰め時のアルコール度数を低く抑えることで、ボトリング時の加水量を最低限に抑えることができます。これにより、熟成時に繊細で芳醇な風味へと仕上がるのです。また、1つの樽から製造できる数を通常よりも少ない15ケースとしているのも同社のポリシーによるもの。製造コストは上がりますが、味と風味を保つためには決して妥協を許さないのです。

なかでも、『ワイルド・ターキー13年・ディスティラーズ・リザーブ』は、バーボンの造り手として世界に名高いラッセル親子が手掛けた逸品。オーク樽由来のバニラ香とフルーティな香りの後に、スパイシーな余韻が長く続く複雑な味わいです。6?8年熟成させた原酒をブレンドした『ワイルド・ターキー・スタンダード』は。甘い香味と爽やかな余韻が残る重厚な味わいながらも甘さとコクのバランスが絶妙な『ワイルド・ターキー・8年』。

このほかにもライ麦由来のウイスキーや熟成の異なる原酒をブレンドした樽出し原酒など、ラインナップは幅広くそれぞれに個性際立つ味わいが魅力です。

ワイルドターキーの産地

蒸留所
The Austin Nichols Co.. Ltd.
タイプ
アメリカン/バーボン
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…