高額買取のコツ 買取事例

スコッチでは珍しい100年以上続くブランド

酒名となっているホワイト&マッカイとは、このウイスキーを力を合わせて生み出した2人の人物である、ジェイムズ・ホワイトと、チャールズ・マッカイの姓をあわせたもだ。

続きをみる

アラン・ポインターという1844年創業の酒類取扱業者の支配人として働いていたジェイムズ・ホワイトが、友人のチャールズ・マッカイと協力して1882年にウイスキー業界に進出のため、新会社を設立した。ほどなくして、”ホワイト&マッカイ・スペシャル”というブレンデッド・スコッチを世に送り出したのだ。

以来、このブランドのウイスキーは、絶えることなく売られ続けている。 このように、ひとつのブランドが100年以上も不変で続いているのは、スコッチ・ウイスキーとして、かなり珍しいのである。 現在は、ホワイト&マッカイ社は、スペイサイド・モルトのトミントール、ハイランド・モルトのダルモア、フェッターケンの3蒸留所を所有している。

ダルモアは、ピート香ののったリッチな味のモルト。フェッターケンは、まろやかな香味をもつミディアム・タイプのモルト。トミントールは、ライトでデリケートな香味をもつ現代的なモルトだ。

ホワイト&マッカイ製品は、こうした3つのモルトをベースに、約30種のモルトをヴァッティングし、オーク樽で半年マリッジ(結婚)させている。 その後、グレーンを配合して、再びオーク樽で数カ月マリッジさせるのだが、このダブル・マリッジにより、香味が長く口に残るこのウイスキーの特徴が生まれてくるといわれている。 なお、熟成用の樽には、シェリーの空樽も使われている。そのため、ウイスキーは色調が濃い。また、味わいにもシェリー風味がわずかに感じられ、それがこのウイスキーの風味のアクセントになっている。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…