ウイスキーの語源を冠した贅沢なブレンデッドウイスキー

『ウシュクベ』とはゲール語で“生命の水”という意味で現在の“ウイスキー”の語源とも言われています。ブレンデッドウイスキー愛好家の中では、知らない人はいないというほど有名なスコッチウイスキーです。厳選された10年以上の熟成モルト原酒を数十種以上ブレンド。モルト含有率が高く、深いコクと円熟した甘みが特徴の贅沢な逸品です。

続きをみる

発売元はアメリカのペンシルヴァニアに本拠地を構える酒商で、スコットランドのグラスゴー市に現地法人をつくり、そこでブレンディングとボトリングを行っています。

『ウシュクベ』が製造された1768年当初はシングルモルトとして作られていましたが、1842年から経営者が代わりヴァテッドモルトとなり、1904年以降の所有者がモルトに少量のグレーンウイスキーを加えて、ブレンデッドウイスキーを作るようになりました。

『ウシュクベー・リザーブ』は25種以上の原酒を使用。インヴァー・ゴードン・ディスティラーズ社と深い結びつきがあるため同社の協力を得て、タリバーディンやタムナヴーリン、ブリックラディックなどのモルトを中心に仕上げられています。最高熟成18年のオーク樽で熟成されたモルト原酒を使用し、モルトウイスキー含有率が60%という贅沢なブレンド比率により、まろやかで芳醇な味わいに。ロックで飲むことでより美味しさを実感できると定評があります。

『ウシュクベー ストーン・フラゴン』は27年の超熟成のモルト原酒を中心にブレンドしたウシュクベーシリーズの最高クラス。昔のウイスキージョッキを再現した陶器に入った、入荷即完売のレアな逸品。

『ウシュクベー 15年』はスムーズな飲み口で、初心者から上級者までどんな方にも親しまれる15年熟成品。絶妙なブレンドによりバランスの良いに仕上がりになっています。『ウシュクベースペシャル12年』は、厳選された最低12年熟成のモルト原酒を豊富に使い、モルト風味を豊かに引き出した新しいラインナップです。

ウシュクベの産地

タイプ
スコッチ・ブレンデッド
蒸留所
Twelve Stone Flagons. Ltd.
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…