高額買取のコツ

伝統的な製法で造られるドライな味わい

シングル・モルトウイスキーは、単一蒸溜所のモルトウイスキーだけをボトリングしたウイスキーです。その土地の自然風土や水、使用する原料などが熟成にそのまま影響を与えるため、それぞれの蒸溜所によって個性的な香りと味わいを楽しめるのが最大の魅力です。

続きをみる

『ザ・グレンドロナック』は、1826年創設のグレンドロナック蒸溜所で造られているシングル・モルトウイスキー。スコッチの故郷でもあるスペイサイドと東ハイランドとの堺に位置。麦畑が広がるフォーグの小さな清流をまたいで石造りの蒸溜所が立っています。小川の名前は「グレンドロナック」。古ゲール語で「黒いちご」を意味するこの名にちなんで、蒸溜所は「ザ・グレンドロナック」と名付けられました。花崗岩に磨かれた水は、いまも丘のあちらこちらに湧き出し、ピート層の大地を潤しています。
この蒸留所も時代の変化と共にオーナーが変わってきましたが、伝統的な製法は昔のまま。フロアモルティング(麦芽精製)を行い、醗酵槽はオレゴンの松製のものを使用、蒸留には石炭の直火炊きのスチルを使用するなど、熟練の職人が創業当時の手法にこだわり続けています。この蒸溜所では、ウイスキーの原料である大麦を狙って来るネズミを退治するために “ウイスキー・キャット”と呼ばれる猫がいまも闊歩しているとか。ここには、そんな昔と変わらぬスコットランドの風景が残っているのです。
『ザ・グレンドロナック』はシェリー樽で熟成させたあとホワイトオーク樽で後熟させており、芳醇でなめらかな香味が特徴。飲み口はスムーズで、麦芽に由来する甘味や風味が豊かに感じられます。麦芽風味やドライさ、フレーバーの豊かさなどがストレートに感じられるのは、グレンドロナックならではといえます。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…