フルーティな香り印象的な若々しいスペイサイドモルト

ゲール語で「黒い丘」という意味に由来する『タムデュー』。ハイランド地方スペイサイドのタムデュー蒸溜所産モルトウイスキーのみをボトリングしたシングル・モルトウイスキーです。タムデュー蒸溜所が位置するのは、スペイサイドの中心部スペイ川の北側。隣にはノッカンドゥ蒸溜所があり、すぐ近くにはカードゥ蒸溜所があるなど、スコットランドのなかでも屈指の蒸溜所密集地域です。

続きをみる

タムデュー蒸溜所は、スコッチウイスキー産業の拡大傾向が最高潮に達していた19世紀後半に設立。ザ・ハイランド・ディスティラー社のディレクター、ウィリアム・グラントが同業15社から建設費の総額1万9,200ポンドを募り、エルギンの建設家チャールズ・ドイグが設計を担当して建設されました。
製造開始は1897年7月。最初は水源の権利をめぐっての議論があったものの、1年後の1898年6月までにはトータル21万4,476ガロンのスピリッツを生産し、同年後半には、ザ・ハイランド・ディスティラー社に買収されました。その後、タムデュー蒸溜所は1911年から1913年まで、さらに1928年から1948年までの20年操業を停止。その再操業の2年後、既存のフロアモルティング製法に代わってサラディン式モルティングを導入しました。これは、区切ったフロアに大麦を入れ、下から空気を送って攪拌するというもので、タムデュー蒸溜所はスコットランドで唯一サラディン式モルティングで操業を続けている蒸溜所としても知られています。
『タムデュー』は、若々しいスペイサイドモルトで、美しい琥珀色とフルーティな香りが印象的。麦芽の甘みを帯びたマイルドな味わいは、初心者にもおすすめです。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…