高額買取のコツ

女性にも人気のある華やかなシングル・モルト

『スペイバーン』は、スコッチウイスキーの故郷ハイランド地方のスペイサイドにあるスペイバーン蒸留所で造られたシングル・モルトウイスキーです。
スペイバーン蒸留所は、1897年にジョン・ホプキンスが創業した蒸溜所。 スペイサイドグレン・オブ・ローゼスの深い渓谷の谷間にあり、サーモンフィッシングで有名なスペイ川に位置。ラベルにはスペイ川の名産でもあるサーモンが描かれています。

創業の1897年はヴィクトリア女王の在位60年のダイヤモンド・ジュビリーの年でもあり、オーナーはどうしてもこの年に最初のウイスキーを造ろうとしました。ところが最初の蒸留にこぎつけたのは12月の最終週。ローゼスの谷を雪と嵐が襲う中、窓もドアも完成していない蒸溜棟で職人たちは厚手のコートを着こみ作業をしました。それでも「1897」という記念すべき年号を入れることができた樽は最初の一樽だけであったといわれています。そんな逸話を残し、今なおヴィクトリア時代の美しさを誇る蒸溜所ですが、 この場所はもとは処刑場だったという説もあり、当時の蒸溜所の職人たちは夜間勤務を嫌がったといわれています。その後スペイバーン蒸留所は、1991年にインヴァー・ハウス・ディスティラーズ社の傘下に入りました。
『スペイバーン』は、このスペイバーン蒸留所で純度の高い仕込み水を使い、伝統的な単式蒸留を2回行って造られる軽やかな味わいのシングルモルト。酸味と甘味のバランスがよく、クセのないすっきりとした飲み口で甘さが心地よく広がります。スペイサイド特有の華やかさとバランスのよさが特徴で、ストレートのほかハイボールや水割りにもおすすめ。女性にもファンが多く、飲みやすいウイスキーとして親しまれています。世界的な酒類コンペティションSWSC2012で2年連続ゴールドメダルを受賞。

続きを読む
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…