高額買取のコツ

“黄金の鷲”がアイコンのスコッチ

グレン・スコシア蒸留所は、1832年に設立。スコットランド最初の君主であるファーガス1世が築いた議事堂跡に建てられました。それに由来し、ラベルには、そのファーガス1世の旗印である“黄金の鷲”が配されています。設立当初はキャンベルタウンも産業の中心地として栄え、30以上の蒸留所があったといわれています。

続きをみる

今ではほとんどの蒸留所が閉鎖となり、グレン・スコシアも所有者を変え、閉鎖と再開を繰り返しながら操業を続けています。そのグレン・スコシアのウイスキーをベースにブレンドしたのが「スコシア・ロイヤル」。『スコシア・ロイヤル ミルトンダフ』、『スコシア・ロイヤル ダフタウン』、『スコシア・ロイヤル インチガワー』、『スコシア・ロイヤル ラフロイグ』などがありますが、先にも書いたように所有者が何人も変わっているため、1974年に創業したインディペンデントボトラーであるグレン・カトリン社やロッホローモンド社などからもリリースされています。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…