英国王室御用達のシングルモルト・ウイスキー

ロッホナガー蒸溜所は、1845年に地元の資産家であるジョン・ペグによって創立。ゲール語で“岩の露出した湖”という意味。蒸溜所があるディー川の上流域は、英国王室の夏離宮バルモラル城があることから、別名ロイヤル・ディーサイドとも呼ばれています。1948年にヴィクトリア女王とアルバート公がここを訪れ、王室御用達の証である“ロイヤル”の冠を授与。以来、ヴィクトリア女王の前例に倣い、国王や女王、王子がバルモラルの領地に夏の間滞在するたび、隣接するこの蒸溜所に定期的に訪問するようになったといわれています。

続きをみる

同蒸溜所は創立以来3度の立て直しを経た今もなお、伝統的な蒸溜所の佇まいを保ち続けています。スコットランドの老舗蒸溜所としては3番目に小さく、スコットランドのシングルモルト・ウイスキーとしてはもっとも希少性が高い銘柄のひとつ。モルト・ウイスキーの重要な要素のひとつである水は、蒸溜所の南側にあるダークロッホナガーと呼ばれる険しい山の麓寄りの斜面から流れるピュアな湧水を使用。現在でも、伝統的な開放式のマッシュタン(麦芽糖化槽)、蒸気加熱の蒸留器、ワームタブ(蛇管型冷却装置)を使い、ハイランドモルトとして際立った味わいをつくりだしています。
オフィシャルにリリースされているのは『ロイヤル・ロッホナガー12年』と、年数表示のない『ロイヤル・ロッホナガー セレクテッド・リザーブ』の2つ。『ロイヤル・ロッホナガー12年』は、甘さのすぐ後にピリッとした酸味がくる心地よい味わい。さっぱりとした後味で、白檀の香りが感じられるやや長めの余韻が続きます。『ロイヤル・ロッホナガー セレクテッド・リザーブ』は1本約50,000前後もするというロイヤルの名に恥じない高級品となっています。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…