14カ国の王室はじめ、数多くのセレブリティやファッション・デザイナーたちを魅了し続ける

マリー・アントワネットへのワイン献上で知られるエドシックは、1785年に設立されました。このエドシックは3つに分かれ、創業者フローレンス・ルイ・エイシックの甥クリスチャンによって1835年に独立したメゾンとなりました。彼の死後、未亡人となった妻は経営パートナーのアンリ・ギロー・ピペと結婚し、パイパー・エドシックと命名しました。

続きをみる

パイパー・エドシックの歴史には、14カ国の王室御用達拝命、カンヌ国際映画祭の公式シャンパーニュという不動の名声があります。マリリン・モンローが毎晩愛飲したともいわれます。

ブレンドの配分はピノ・ノワールとピノ・ムニエが大部分を占めていて、ワインらしい骨格を備えています。ボトルが印象に残るメゾンですが、マロラクティック発酵を行わないことので、ワインの品質も高く、フルーティで口の中に大きく広がる芳醇さも特徴です。

■豆知識

王妃マリー・アントワネットに献上され、マリリン・モンローに愛飲されたという伝説を持ち、数多くのセレブリティやファッション・デザイナーたちを魅了し続けるパイパー・エドシック。カンヌ国際映画祭の公式シャンパーニュとしてもよく知られています。また、最高醸造責任者のレジス・カミュによる一貫した高い品質は、過去6度にわたるスパークリングワインメーカー・オブ・ザ・イヤーへの選出として世に認められています。

パイパー・エドシックの産地

原産地
フランス・シャンパーニュ地方
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…