高額買取のコツ

紫青の飛翔するチョウがトレードマーク

コサード侯爵という意味をもつマルキ・ド・コサード。アルマニャック地方に1242年から約700年続いた名門貴族の家名です。このコサード家が、1930年代初期にマルキ・ド・コサードという名を付けたアルマニャックを発売。独自にブレンドしたアルマニャックを世に送り出すようになります。

続きをみる

1934年、瓶詰めのマルキ・ド・コサードは豪華客船ノルマンディー号の処女航海に積み込まれ、アメリカに初輸出。禁酒法以前のアメリカは、アルマニャックを樽でしか輸入していなかったので、このマルキ・ド・コサードは瓶詰めの姿でアメリカ市場に出回ったアルマニャックの第1号となります。

第2次世界大戦末期の1944年に、ド・コサード家は断絶。ブランド権はド・コサード家の友人の手に渡ることになります。その後、所有者は二転三転し、1960年代に現在のUCVA(アルマニャック生産者協同組合)が所有することになります。1983年以降は大手酒類企業CCGグループに移り、マルキ・ド・コサード社は、その傘下として生産を行っています。

1980年代以降、マルキ・ド・コサードは新しいボトルデザインを採用。ボトルに焼き付けられた紫紺の蝶はブラジル産モルファチョウで、空高く飛ぶ習性をもつことから“より高く、より優雅に”というイメージを象徴したマークとして使用されています。

味わいは、現代の嗜好に合ったスムーズ&マイルドな仕上がり。ただし、X.O.以上の高級酒は、ライトな中にも樽熟成によるアロマティックな重厚さも秘めているのが特長です。

『マルキ・ド・コサード 12年』、
甘い香りと上質な味わいの『マルキ・ド・コサード V.S.O.P』、
なめらかな口あたりと洗練された味わいの『マルキ・ド・コサード ナポレオン』、
まろやかで深みのある味わいの『マルキ・ド・コサード X.O』などがあります。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…