高額買取のコツ

30年近くの休蔵の時期を経て平成11年に再出発

宮崎県との県境にそびえる霧島山中に建つ蔵で、創業は大正11年だが、先代の社長が早くに亡くなられ、しばらく途絶えていた。30年近くの休蔵の時期を経て、息子の息子の万膳利弘さんが、叔父の黒瀬杜氏の宿里利幸さんと蔵を再興し、平成11年に再出発をしました。

続きをみる

麹は霧島山中でとれた減農薬米から手作りし、さつま芋コガネセンガンを原料にすべてかめ壺仕込みし、木桶蒸留器で、蒸留して造るという手間を惜しまない造りをしている。 薩摩隼人を想わせる味わいに仕上がっている。

農家には高品質のコメや芋を求める代わりに、高い値段で引き取り、農家の名前をラベルに記載して、尊敬と感謝の気持ちを表しているようです。また、全国の特約店を大切にするために自社販売を控え、定価販売で顧客を大切にしています。

萬膳を取り巻く周りの人々を大切にするのも特徴のひとつです。このような信念から生み出される焼酎は、安心して飲め、心の洗われる想いがします。

最近の焼酎/日本酒の買取

焼酎/日本酒の買取結果一覧へ
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…