美しく神秘的なリズモア島をイメージして誕生

スコッチウイスキーの故郷、イギリス北部のスコットランド。その北西部、ローン湾に浮かぶリズモア島(sle of Lismore)は、ゲール語で〝大きな庭園〟という意味を持つ小さな島。名前の通り美しい自然に恵まれ、バカンスやバードウォッチャーのメッカとしても知られています。また聖コロンバとともにスコットランドにキリスト教を布教した聖モルアグゆかりの地でもあり、島にはモルアグの椅子やモルアグの杖が残されています。

続きをみる

その島の美しく神秘的な雰囲気をイメージしてブレンドされたのが『リズモア』。香りがよく女性にも人気のあるスムーズな飲み口のブレンデッド・スコッチウイスキーです。
発売元のウイリアム・ランディ社は、1904年の創業。ロバート・ドナルド・ランディが、デイヴィッド・サンデマンと共同で、ウイスキー取扱商会をグラスゴーに興したのが始まりです。のちに、サンデマンが独立し、商会はランディ一家の所有となりました。現在は、創業者の孫が当主となって、ファミリー・カンパニーの姿を受け継いでいます。
ウイリアム・ランディ社は創業から90年以上を経た現在、グラスゴーを代表するウイスキー業者に。同社の社訓は〝妥協を許さぬ品質〟。その社訓を守りながら、今も丁寧なウイスキー造りが続けられています。
『リズモア』は、スタンダード品のファイネスト、12年、15年、18年のプレミアム品のほか、10年熟成のシングルモルトがあります。いずれもリズモア島をイメージしたクリーンでなめらかな風味が魅力。クセが少なくマイルドな味わいは飲む人を選びません。ラベルにはリズモア島とマル島の美しい山々が描かれています。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…