高額買取のコツ

極辛口のウルトラ・ブリュットの先駆者

1812年に元樽職人のアンドレ アルフォンソ ピエルがローラン・ペリエの前身となるネゴシアンを興しました。それを継いだウジョーヌ ローランと妻のマティルド エミリー ペリエの姓からローラン・ペリエの名称がつきました。1939年にマリー・ルイーズ ランソン ドゥ ノナンクールはローラン・ペリエの経営を掌り、次男のベルナールがメゾンの発展に尽力しました。

当主ベルナール ドゥ ノナンクール氏はどうすれば「フレッシュネス」を保つシャンパンが出来るかを捜し求めてステンレスタンクの導入にたどり着いたのは、1973年のことでした。この年、初めてシャンパーニュ地方でステンレスタンクが使われたのです。

成功の秘訣は、作業効率のために機械化しても従業員のレイオフは行わないなど、従業員を大切にする企業哲学です。
ワインも出荷前の糖分調整を行わない極辛口のウルトラ・ブリュットの先駆者です。ロゼの醸造に関してのこだわりも強く、大手メゾンでは珍しくセニエ法で風味が豊かなロゼ・シャンパーニュを製造しています。
現在では世界屈指のシャンパーニュ・メゾンで、ドラモットやサロンも傘下企業に治めています。英国王室の御用達のシャンパーニュとなっています。

豆知識

「フレッシュさ」「エレガントさ」「バランスの良さ」を実現するためローラン・ペリエではシャルドネにこだわります。ブリュット L・Pはシャルドネを主体に造られます。大体、ノンヴィンテージ シャンパンの平均使用率の2倍にも相当します。
熟成期間は約36ヶ月これは法定熟成期間の倍以上の長さです。淡いゴールドの色合いと細かく糸を引くような泡立ち、柑橘類と白い花の香りが程よく絡み合うデリケートでフレッシュな香り。
「フレッシュで」「エレガント」「バランスの良い」味わいのブリュット L・Pはアペリティフに最適です。極めてバランスが良いので魚介類から豚や鶏などの肉料理などとも幅広く相性が良いです。

続きを読む

ローラン・ペリエの産地

原産地
フランス・シャンパーニュ地方
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…