3回蒸留による軽やかな口当たりのアイリッシュウイスキー

ジョン・ジェムソンによって1780年に設立された『ジェムソン・アイリッシュウイスキー』。滑らかな口当たりで、芸術の域に達する最高傑作との呼び声も高く、そのままでも美味しくいただけますが、カクテルにすることでまた新たな味覚の世界が広がります。

続きをみる

そのジェムソン・アイリッシュウイスキーの高い品質を支えているのが、創立当初から現代に至るまで確かな技術を受け継いできた、ウイスキーづくりに情熱を注ぐ才能豊かな職人たちです。ピートを使用せず、密閉路でじっくりと乾燥させた大麦を原料に、通常のウイスキーよりも1回多い、3回の蒸留を経て作られる芳醇な薫りとスムースな味わいが特徴的です。わずかなシェリー樽の香りも良く、軽やかに飲めるため初心者にもおすすめといえます。

主なラインナップとしては、まろやかな味わいで最もポピュラーな『ジェムソン・スタンダード』。風味豊かなポットスチルウイスキーと、希少なグレーンウイスキーを少量ブレンドさせて、直火で内側を炭化させたバーボン樽で熟成させた『ジェムソン・セレクト・リザーブ』。そして、数々の受賞歴を誇る『ジェムソン・ゴールド・リザーブ』などがあります。

とりわけ『ジェムソン・ゴールド・リザーブ』は熟練のマスターブレンダー、ビリー・レイトン氏が創造性に富んだブレンド技術を駆使して作ったもので、極上を知る世界の評論家にも認められた逸品と言われています。

アイルランド特有の芳醇なポットスチルウイスキーと、グレーンウイスキーを使用し、ヴァージンアメリカンオーク樽(新樽)、バーボン樽、シェリー樽の3種の樽で熟成させます。こうすることで、タイプの異なる樽で熟成されたポットスチルウイスキーとグレーンウイスキーがブレンドされ、複雑な味わいが作り出されるのです。アメリカンオーク樽による新しい木のスパイシーさがほのかに感じられ、バニラの甘さ、シェリーのフルーティさ、ナッツの香ばしさなどが重なりあって、存在感ある味わいを醸し出します。

ジェムソンの産地

原産国
アイルランド
タイプ
アイリッシュ
蒸留所
John Jameson & son Ltd.
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…