高額買取のコツ

惜しみなく手間ひまかけた製法で、愛されるテネシーウイスキー

100年の時を経て、今もなお当時の製法で造られるテネシーウイスキー『ジャック・ダニエル』。現在ではテネシー州で唯一稼働しているジャック・ダニエル蒸留所によって製造されています。

テネシーウイスキーは連邦アルコール法により、(1)テネシー州産のサトウカエデを燃やしてできた木炭でろ過すること、(2)テネシー州で造ること、この2つの規定があります。原料や製法はバーボンウイスキーと変わりありませんが、テネシー州で造られるためにテネシーウイスキーと呼ばれるのです。

バーボンとほとんど同じ工程を経て蒸留された原酒は、高さ5メートルの“メローイング槽”と呼ばれる“ろ過槽”に1滴1滴たらされ、10日間もの長い時間をかけてろ過されます。このメローイング槽のなかには、良質のサトウカエデの木炭を砕いたものがろ過材として入っています。こうして一滴一滴ろ過された原酒は、芳醇で均整のとれた原酒へと生まれ変わります。

その後、樽職人の手によって作られた最良のホワイトオーク樽で原酒を熟成させることで、豊かな琥珀色、独特の味わいや風味が醸し出されるウイスキーが完成します。1866年の創業以来変わらない製法にこだわり続け、惜しみない時間と愛情を注いだテネシーウイスキーの代名詞、それが『ジャック・ダニエル』なのです。

シリーズの中で最もポピュラーなのが『ジャックダニエル・ブラックラベル・オールドNo7』。バニラやキャラメルなどの甘い香りとまろやかさのバランスが良く、熟成によるスパイシーな風味も加わった奥行きのある味わいです。

『ジャック・ダニエル・シングルバレル』は世界で唯一のシングルバレルとして名高い逸品。ほかの樽のウイスキーを混ぜることなくボトリングしただけあって、オーク樽の香りとバニラが調和された複雑で個性的な味わいが特徴。ウイスキーづくりに心血を注いだ、ジャック・ダニエル氏の精神を舌で感じることができます。

続きを読む
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…