高額買取のコツ 買取事例

洗練された都会的な味わいのバーボン・ウイスキー

I.W.ハーパーは、1877年、ドイツからのアメリカ移民であるアイザック・ウォルフ・バーンハイムによって生まれた銘柄。粗悪なバーボンが幅をきかせていた時代にあって品質にこだわり、完成したバーボンに同氏のイニシャルである“I.W.”と、当時有名なダービー馬を所有していたブリーダーであり、無二の親友でもあったフランク・ハーバーの名前を冠し、『I.W.ハーパー』と名付けたのです。

続きをみる

1885年には、ニューオーリンズの万博博覧会で金賞を受賞。その後もさまざまな博覧会で金賞を受賞したことから、“ゴールドメダル”と呼ばれるようになります。1949年には、クリスタルデキャンタ入りの商品を発売。以来、毎年新しいデザインのデキャンタボトルを発売し、コレクターの間で話題になるほどのブームを巻き起こします。

さらに1950年代に広告塔として、籐のステッキを持ったシルクハットの紳士が登場。そのシンボルマークと都会的で洗練されたイメージは、今日まで引き継がれています。

I.W.ハーパーがつくられているのは、ケンタッキー州ルイヴィルのバーンハイム蒸留所。バーボン・ウイスキーは、原料のとうもろこしの含有率51%以上と定められていますが、I.W.ハーパーはこの規定を大きく上回っており、その高い割合がスムーズな味を生み出しています。

ラインナップには、洗練された味わいの『I.W.ハーパー ゴールドメダル』、独特のデキャンタボトルに入った世界初の12年熟成プレミアムバーボンである『I.W.ハーパー 12年』。
『I.W.ハーパー 101プルーフ』、『I.W.ハーパー プレジデント・リザーヴ』なども。

I・W・ハーパーの買取事例

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…