シャンパーニュの最古のワインハウス

シャンパーニュの最古のワインハウスといわれるゴッセの歴史は、1854年にシャンパーニュ地方の一都市アイの市長でもあったピエール・ゴッセがアイ村に設立した醸造所から始まります。
発泡性ワインが未発明の当時はステイルワインを中心としたワイン造りを行っており、4世紀にわたり家族で経営してきましたが、1994年にコニャック・フラパンによって買収されました。

続きをみる

ワイン造りは極力人の手で行うという信念を持ち、18世紀から使われている丸く厚みのあるボトルを使い続けることや、マロラクティック発酵を行わないことなど、伝統的なスタイルをしっかりと守ったワイン造りを行っています。
リュット・レゾネを採用し、よりテロワールを反映したブドウを作ることが最も大事だという考え方に基づき、そのテロワールの魅力を最大限に引き出す為にパーセルごとに醸造を行っています。

アイ村はアンボネイ村とブジー村に並びこの地方随一のピノ・ノワールを産出しており、そのブドウはまさに優美で力強さも兼ね備え、産まれるワインは一貫して豊かながらもきめの細かさがあり、アイに産するシャンパーニュの真髄を感じることができます。
アッサンブラージュの可能性をより表現するため、各区画毎に醗酵させています。
伝統的なコカールで圧搾後、小容量のステンレスタンクで熟成。でき上がったワインの調和を図るため、マロラクティック醗酵を行います。清澄は行われますが、フィルターはかけられません。

豪華な雰囲気を含みつつも、トップメゾンのような気難しさがないため、「シャンパーニュの最も小さく偉大なメゾン」として知られるシャンパンハウスの名門で、多くの人に愛されています。
世界的なワイン評論家として知られるロバート・パーカーJr.氏が、「傑出したシャンパンハウス」と最大級の評価をしている他、「デカンター」「ワインスペクテーター」等の有名ワイン雑誌でも最高ランクの評価を受けることが多く、世界的なワインコンテストでも多数の賞を獲得しています。

ゴッセの産地

原産地
フランス・シャンパーニュ地方
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…