シェリーの古樽で熟成された芳醇なシングル・モルト

シングル・モルトウイスキーとは、大麦麦芽のみを原料とし、単一の蒸溜所のモルト原酒のみでつくられたウイスキーのこと。これに対して、複数の蒸溜所のモルト原酒と、トウモロコシなどを原料としたグレーンウイスキーをブレンドしたものをブレンデッド・ウイスキーと呼びます。ブレンデッド・ウイスキーはさまざまな蒸溜所の原酒をブレンドすることで新しい味わいを生み出しますが、シングル・モルトウイスキーは、ひとつの蒸溜所の歴史や製法、仕込み水や使用する原料、自然風土などがそのまま味に反映されます。その個性やこだわりを楽しめることが、シングル・モルトウイスキーの最大の魅力といえます。

続きをみる

『グレントロミー』は、スペイサイド蒸溜所産のシングル・モルトウイスキーです。スペイサイド蒸溜所はインヴァネスの南東、スペイ川支流のトロミー川沿いに1895年に設立された蒸溜所。『グレントロミー』という酒名は、この川の名前にちなんでつけられました。蒸溜所は第一次世界大戦前に当時のオーナーの死去に伴って一旦閉鎖。その後、操業、休業を繰り返した後、第二次世界大戦後、現オーナーであるジョージ・クリスティが蒸溜所の土地を入手しました。ブレンダーでもあるジョージ・クリスティーは、長年の夢を叶えるため、30年以上の年月をかけて理想の蒸溜所を設計。新会社を設立し1990年から蒸溜業を再開しています。
『グレントロミー』は、シェリーの古樽を選んで熟成された風味豊かな味と香りが特徴のシングルモルト。12年はバランスの取れた味わいが魅力で、17年はモルト特有のスモーキーフレーバーと芳醇な味わいが印象的な逸品です。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…