ワイルドテイストが魅力のブレンデッド・モルト

イギリス北部のスコットランド地方で製造されるスコッチ・ウイスキー。その原酒は、大麦麦芽のみを原料としたモルトウイスキーと、トウモロコシやライ麦など、大麦以外を主原料にしたグレーンウイスキーに分けられます。現在は、モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたブレンデッド・ウイスキーが主流ですが、グレーンウイスキー使わずに、蒸溜所の異なるモルトウイスキー原酒のみをブレンドしたものを、ブレンデッド・モルトウイスキーとよびます。個性が強いモルト原酒が織りなす新たな味わいが魅力で、そのテイストはブレンダーの技術とセンスによって決まります。

続きをみる

『グレンハンター』は、スコットランド・グラスゴー地方におけるトップブレンダー、グレン・アーガイル社が製造するブレンデッド・モルトウイスキーです。グレンハンターという名前は、らい鳥、きじなどを追う狩人たちが集まった〝狩人の渓谷〟を意味します。こうした狩人のひとりによって生みだされた『グレンハンター』は、ハイランドやローランドの蒸溜所から厳選されたモルト原酒のみを絶妙なバランスでブレンドしたワイルドテイストが特徴。多くのハンターたちに愛されてきた名酒です。
ウイスキーは温度が低くなると溶け込んでいる香味成分が白濁するため、これを防ぐために通常はチルフィルター処理を行います。しかしグレンハンター・ピュアモルトは、あえてチルフィルター処理をしていません。この工程で通が好む微妙な味わいが損なわれることがあるからです。このため低温になると若干のにごりを生じることがありますが、常温になると透明にもどります。このにごりは『グレンハンター』の品質の自然さと純粋さを表す証しでもあります。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…