高額買取のコツ 買取事例

アメリカで、スコッチの代名詞的存在

アメリカでは、「スコッチといえばデュワーズ」と言われるほど高い人気のウイスキーブランド。1846年に、ジョン・デュワー氏によって設立。1891年スコットランド生まれの鉄鋼王であるアンドリュー・カーネギーが、当時のアメリカ大統領ベンジャミン・ハリソンに樽入りのデュワーズをプレゼントした際に全米中で話題となり、大ブレイク。以来アメリカの多くの場面でスコッチといえばデュワーズと言われるようになったのです。その後も彼の息子たちに受け継がれ、世界中の人々に愛され続けています。

続きをみる

デュワーズのウイスキーは、40種類以上のモルト・ウイスキーとグレーンウイスキーを40種類以上もブレンド。キーモルトとなるハイランドのアバフェルディは、蒸留所のあるピティリーバーンのソフトなナチュラルミネラルウォーターを仕込み水に使用した、イーストハイランド地方を代表するモルト・ウイスキーのひとつ。同じくハイランド地方のロイヤル・ブラックラ、マクダフ、スペイサイド地方のクレイゲラキ、オルトモアなどの原酒も使用されています。完璧にバランスがとれた味を一貫して保つために、ブレンディングはマスターブレンダーによって、味はもちろん香りも厳格にチェックされています。
『デュワーズ ホワイト・ラベル』は、スパイシーでマイルドな味わい。キーモルトにはアバフェルディなどのモルトを使用。モルト含有率も高く、ブレンデッド・スコッチのスタンダードといえます。『デュワーズ 18年』は、伝統的なダブルエイジングプロセスによって作り出された、上質で洗練された味わいが特徴。良質なシングルモルトの含有率が高く、それぞれの個性がバランスよく調和し、スムーズな味わいを生み出しています。『デュワーズ シグネチャー』は、デュワーズブレンドの最高峰。アバフェルディの貴重なモルトをメインに、スコットランドの異なる地域の上質なモルトとグレーンウィスキーが滑らかな味わいを完成させています。

デュワーズの買取事例

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…