高額買取のコツ

軽やか&まろやかな口当たりで、世界150カ国以上で愛飲

カナダで最も古くからあるウイスキーブランド『カナディアン・クラブ』。製造元のハイラム・ウォーカー社は、カナダ最南端オンタリオ州ウォーカーヴィルに本社と工場を持つ。同社は、カナダを代表する酒類企業で、現在はアライド・ドメックの傘下に入っている。発祥は1858年、デトロイトの穀物商だったハイラム・ウォーカーによって創業されました。

彼は穀物の収穫量が豊富で、広大な土地があるカナダの地に蒸溜所を設立し、それまでにない軽いタイプのウイスキーを世に送り出しました。するとアメリカ紳士の社交場であった“ジェントルメンズ・クラブ”で好評を博しました。

当時はまだ“クラブ・ウイスキー”の名で人気を集めていましたが、この人気に脅威を感じたアメリカ・ケンタッキー州のバーボン業者は、カナダ産ウイスキーとアメリカ産ウイスキーを区別するよう政府に嘆願書を提出。それを受けて政府は“クラブ・ウイスキー”を“カナディアンクラブ・ウイスキー”とする法律を制定、1890年に『カナディアン・クラブ』が市場に出回ると、以前に増してますます人気のウイスキーになりました。

 『カナディアン・クラブ』の特筆すべき点は、味わいが異なる複数の原酒を造り分けていること。ブレンデッドウイスキーはある程度の期間熟成させた後、原酒同士をブレンドしていますが、『カナディアン・クラブ』は蒸留したてのニュースピリッツの段階で、フレーバリングウイスキーとベースウイスキーをブレンド。そのまま樽詰めをして熟成させる“プレ・ブレンディング”を採用しています。

カナディアン・ウイスキーの中でもこの“プレ・ブレンディング”を採用しているのは『カナディアン・クラブ』のみなのです。そしてカナダの厳しい冬の寒さでも熟成が進むよう、貯蔵庫には暖房を設備して温度管理を徹底。最低6年以上貯蔵された、長期熟成の質の良い商品を世に送り出しています。ライ麦主体の軽やか味わいと華やかな香りは、日常的に飲むウイスキーとして最適。また、クセがないのでビギナーにもおすすめです。

続きを読む

カナディアンクラブの産地

原産国
カナダ
タイプ
カナディアン
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…