高額買取のコツ

1818年、ニコラ・フランソワ・ビルカールとエリザベス・サルモンの婚姻により、マルイユ・シュール・アイ村に設立

マルヌ地区のマレイユ・シュル・アイ村に本拠を置く、中堅規模の老舗生産者です。

続きをみる

1818年に、ニコラ・フランソワ・ビルカールと妻のエリザベス・サルモンによって設立されました。
それ以来、妥協なき品質追求、独自の手作り製法、少量逸品主義をモットーに家族経営を行っています。
生産量そのものが小さいため、自社畑も5haと小さいものの、契約栽培家から厳選された原料を調達しています。
ビルカール・サルモンのシャンパーニュ造りにおけるこだわりは、keeping only Cuvee、最初に搾るキュヴェしか使用しないことです。
4000kgのブドウからまず2050リットルのキュヴェを搾り、さらに“プルミエール・タイユ”と呼ばれる500リットルの搾汁を得ることができます。ビルカール・サルモンは、最初の2050リットルの部分しか使いません。
品質は一流ながら生産量が多くないので、日本ではまだ知名度の低いものの、知る人ぞ知る銘酒です。

豆知識

1818年、ニコラ・フランソワ・ビルカールとエリザベス・サルモンの婚姻により、マルイユ・シュール・アイ村に設立。7世代家族経営を続け、NMながら年産6万本ほどと少なく、品質至上主義を守る。ブリュット・レゼルヴのブレンドは1945年以来、基本的に変わらず、またロゼにも定評がある。

ビルカール・サルモンの産地

原産地
フランス・シャンパーニュ地方
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…