バーボンの原点〟を目指したやわらかな味わい

開拓者たちが造り上げ、禁酒法を乗り越えて生き残ったアメリカン・ウイスキー。世界5大ウイスキーのなかでも、軽く飲みやすい味わいが特徴です。実り豊かなアメリカでは、トウモロコシ、大麦、小麦、ライ麦などさまざまな材料でウイスキーが造られますが、その半分を占めているのがトウモロコシを主原料としたバーボン・ウイスキーです。

続きをみる

バーボン・ウイスキーとは、原料に51%以上のトウモロコシを使い、内部を焦がした新しい樽で熟成させたウイスキーのこと。2年以上熟成させると、ストレートバーボン・ウイスキーになります。

バーボン発祥の地であるケンタッキー州は、石灰岩層(ライムストーン)が続き、主原料のトウモロコシが豊かに実るため東部から蒸溜業者が多数移住。世界的に知られる蒸溜所がいくつも点在しています。

『ベンチマーク』は、ケンタッキー州の州都フランクフォートにあるエンシェント・エイジ蒸溜所で造られているバーボン・ウイスキーです。〝ベンチマーク〟とは、測量用語の〝水準基標〟のことで、このネーミングには「バーボンの原点」を目指すという意味がこめられています。

原料には、ケンタッキー州で採れる良質のトウモロコシと石灰岩層から湧き出る純粋な水〝ライムストーン・ウォーター〟を使用。サワーマッシュ方式で造られた原酒を、内側を強く焦がして炭層を厚くつけたオーク樽で7年以上熟成させて造られます。

この長い熟成により、香りがいっそう引き出され、バーボンの個性をやわらかく仕上げているのが特徴です。風味は比較的軽いものの、独特の樽熟成によるやわらかな味わいが魅力のバーボン・ウイスキーです。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…