高額買取のコツ

伝統的な製造方法にこだわるシャンパーニュ

1864年エベルネに設立されたメゾンで自社畑1.73haと65ものブドウ栽培農家から約50ha分の葡萄を購入して醸造するネゴシアンスタイルをとっています。

続きをみる

シャンパーニュ造りでは、最高品質のブドウを確保するために、優良なブドウ栽培農家との関係を強化することが重要なことです。品質向上のために、出来上がったワインを栽培農家と共に試飲して品質のチェックを行い、研修や懇親会も開くなど余念がありません。伝統的な製造方法にこだわり、発酵には228リットルの小樽を使い、バトナージュやマロラクティック醗酵は行いません。

樽発酵と樽熟成を行うことにより、ミクロ・オキシダイゼーションが行われます。適度な酸化により、ワインに円熟さが与えられます。また、ルミアージュの作業は職人の手によって行われています。1905年以来、アルフレッド・グラシアンを経営するジェジェ家では、その技術と伝統が厳格に伝えられてきました。

豆知識

マロラクティック発酵ではなく、すべてのワインを228リットルの小樽(シャブリの生産者から購入)で発酵させていますが、伝統的な製造方法にこだわり、ルミアージュ(動瓶)の作業は職人の手によって行われています。

アルフレッド・グラシアンの産地

原産地
フランス・シャンパーニュ地方
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…