江戸川区からのお買い取りデス。~ラフロイグ 10年&18年~

公開日:

https://xn--t8jvds80kd3gpkdf39g0zgyui.jp/wp-admin/themes.php?page=wpeditor_themes#

コンニチワ。

買蔵 錦糸町店です。

11月もいよいよ後半に入り、

街中ではクリスマスのイルミネーションをよく見かけるようになりました。

あと1カ月半足らずで2014年も終わりますが、

皆さんにとって今年はどのような1年でしたか?

今年もたくさん美味しいお酒、飲めました?

まだあまり...という方も、

何かと飲む機会が増える季節です。

最後に良い出会いがあるコトを期待しましょう。

 

さて本日も絶賛営業中ですが、

先ほどお持ち込みいただいたお酒をご紹介しましょうか。

『ラフロイグ 10年&18年』

アイラ島にある蒸留所・ラフロイグ。

この「ラフロイグ」という名前は、

ゲール語で「広い湾の美しい窪地」という意味だそうです。

 

ウイスキーがお好きな方ならお分かりになると思いますが、

その独特な個性は、

「潮っぽく、スモーキー」と表現される事が多いんです。

スモーキー。

平たく言ってしまえば、煙いという事なんですが、

それにはちゃんと理由があります。

 

スコッチ(モルト)を造る中で

実際に大麦を燻すという工程があるんです。

野草や水生植物などが炭化した泥炭の事をピートと言います。

そのピートを燃やす際に出る煙で大麦を燻すんです。

 

ラフロイグの製造過程においても

もちろんこの作業が行われます。

この煙と土地特有の海(湾)から吹き上がる潮風がミックスされ、

個性的な香りのもととなっているワケです。

 

とまぁそんな理由もあり、

ラフロイグは好きか嫌いかがはっきり分かれるのも事実です。

そしてその武骨なイメージとは裏腹に、

実はプリンス・オブ・ウェールズ御用達だったりする辺りも

面白いところではあります。

(チャールズ皇太子の大のお気に入りなんだとか。)

 

こんな個性的なウイスキーをお譲りいただきまして、

誠にありがとうございました。

 

 

 

 

買取商品

買取方法
店頭買取
地域
東京都
店舗名