ボルドー|お酒特集記事

ボルドー|お酒特集記事

No Image

Webmaster.M

シャトー・ラグランジュ|日本企業の手によって再生されたテンプル騎士団由来の名門シャトー

 日本企業の手によって再生された名門シャトー、ラグランジュは、中世に貴族のラグランジュ・モンテイル家の名に由来します。ブドウ畑は、グリュオー・ラローズに隣接しているので、良好なワインを生み出せるテロワールで、古くからその品質の高さが認められてきていました。1925年にシャトーを引き継いだセンドーヤ家が、1929年の大恐慌と戦争で経済的に没落し、シャトーは荒廃し、低迷期に入ってしまいました。...

Webmaster.M

シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン|美しく壮麗なシャトーにお似合いのスーパーセカンド

 壮麗なシャトー、ピション・ロングウィル・バロンは、とても美しく印象的な建物ですが、そのワインもスーパーセカンドとして高い評価を得ています。シャトー・ピション・ロングヴィル・バロンの畑は、ジロンド川に近く真南に面していて、シャトー・ラトゥールに隣接する73haの区画です。...

Webmaster.M

シュヴァル・ブラン|ラベルの金賞メダルがサンテミリオン地区の最高評価ワインの象徴

サン・テミリオンでは、左岸の筆頭としてオーゾンヌ、右岸の筆頭格としてシュヴァル・ブランが別格扱いで、最高評価を受けるシャトーです。1832年に「シャトーフィジャック」というサンテミリオンの大手ワイン畑の一部がデュカス家へ分離されました。デュカスの娘が、ジャン・ロサック・フルコーと結婚する時に、持参金としてフルコー家に持ってきました。ジャン・フルコーはこの土地がブドウを育てるのに適していると考え、畑を買い増し、排水設備を敷設し、ワインの名称も「シュバル・ブラン」に変えました。...

No Image

Webmaster.M

シャトー・パルメ|イギリス王ジョージ4世のお気に入りのワイン

 シャトー・パルメのワインは、肉づきの良い芳醇な体躯に包まれた、様々な果実、花、スパイスの驚くほど複雑なブーケが漂います。パルメの畑では、栽培品種がカベルネ・ソーヴィ二ヨン47%、メルロー47%、プティ・ヴェルド6% というも珍しい品種構成になっています。これがパルメ独特のまろやかさを生み出す要因の一つとなっています。...

No Image

Webmaster.M

ラ・フルール・ペトリュス|ペトリュスに負けず劣らずの高品質を誇る弟的ワイン

名前の由来ともなったシャトー・ペトリュスとシャトー・ラフルールというポムロールの二大銘酒に挟まれシャトーです。
9haの畑はシャトー・ペトリュスの隣に位置し、シャトー・ペトリュスのオーナーであるジャン・ピエール・ムエックス氏によって1952年に購入されました。
ぶどう畑は、道路をはさんでペトリュスと向かいあっているが土壌はまったく違います。...

End of content

No more pages to load