アメリカン・ウイスキーの特集記事|お酒特集記事

臨時休業のお知らせ(9/26-9/27)

アメリカン・ウイスキーの特集記事|お酒特集記事

アメリカン・ウイスキー特集。アメリカンの豆知識や銘柄ごとの情報など掲載中

ブラントンブラック

Webmaster.M

ひとつの樽から250本しか生まれない至高のシングルバレル、ブラントン・ブラック

バーボンの産地はアメリカ中東部に位置するケンタッキー州が中心。その南のテネシー州のウイスキーは、特別にテネシーウイスキーと呼ばれています。蒸溜直後にサトウカエデの木炭で時間をかけてろ過されるのが特徴で、バーボンウイスキーとは違った、独特のまろやかさとなめらかさをもつメロウなウイスキーと評されています。 続きをみる『ブラントン』は、1984年、ケンタッキーの州都フランクフォート市の市制200年を記念して誕生したシングルバレルウイスキー。エンシェントエイジ社のディスティラリーに40年間勤め「ディーン・オブ・ケンタッキー=ケンタッキーの長老」と呼ばれたバーボンづくりの名人、アルバート・ブラントン大佐の名をとって生まれました。 そして、大佐のバーボン造りの技法を身体にしみ込ませた愛弟子エルマー・T・リーによって世に出され、その巧みな技術は、若きマスター・ディスティラー、ハーレン・ウィートリーに引き継がれています。...
2016/09/16

Webmaster.M

6〜8年熟成樽の中から厳選した、スモール・バッチ・バーボン、ブッカーズ

世界売上げNo1.を誇るバーボン『ジム・ビーム』をフラッグシップ商品として持つジム・ビーム社。『ブッカーズ』は200年以上にわたり質の高いバーボンを世に送り出してきたこの名門が、少数限定生産のプレミアム品としている希少なハンドクラフトバーボンです。 続きをみるアメリカンウイスキー業界を牽引するビーム家6代目マスターディスティラー、フレディ・ブッカー・ノー・ジュニアがビーム家伝承の技術を集結。蒸溜所内の樽を厳選し、さらにアルコール度数、穀物の割合、使用する水、熟成期間を厳しく吟味。すべておいて条件を満たした樽だけを“スモール・バッチ・バーボン”として出荷しています。 ちなみに『ブッカーズ』は、生みの親である名匠フレディ・ブッカー・ノー・ジュニアにちなんで名付けられました。アメリカンウイスキー業界を牽引するビーム家の、スモールパッチバーボン第2弾であり、スーパープレミアムバーボンの最高傑作との呼び声も高いと言われています。...
2016/09/16
No Image

Webmaster.M

惜しまれつつ終売となった、希少なバーボンウイスキー|ダニエル・スチュワート

『ダニエル・スチュワート』は、ケンタッキー州バーズタウンにあるヘヴン・ヒル蒸溜所から原酒を買い付け、ダニエル・スチュワート社が自社の熟成庫で独自に樽熟成させてブレンド、瓶詰めを行っています。ちなみに名前のダニエル・スチュワートはバーボンの始祖といわれている人物のひとり。 続きをみるヘブン・ヒル蒸溜所はケンタッキー州の蒸溜所の中で最も多くの銘柄を産出していて、現在では約250銘柄のバーボンウイスキーを生産しています。1996年にバーズタウン地区の蒸溜施設が火災により消失してしまいましたが、現在はルイヴィル地区のバーンハイム蒸溜所を買収し、そこで蒸溜を再開しています。 厚めに焦がしたホワイトオーク樽を熟成樽として使用しているため、重厚な味わいに仕上がっています。商品は8年熟成の90プルーフと12年熟成の107プルーフの2種類がありますが、口の中に長く残るフルーティな風合いはどちらにも共通する特徴です。...
2016/09/16

Webmaster.M

聖人ニックのバーボンを再現した、アメリカンウイスキー|ヴェリー・オールド・セント・ニック

1990年に輸入が始まった『ヴェリー・オールド・セントニック』は、ケンタッキー州バーズタウンにある大手のヘブン・ヒル蒸溜所から原酒を買い付け、独自に長期熟成させたアメリカンウイスキーです。古い蒸溜所が次々と大手資本の傘下に入るなか、『ヴェリー・オールド・セントニック』では、買収しようとする大手企業をかたくなに抵抗。傘下に入ることをとことん拒否してきました。 続きをみる自分たちで手作りのバーボンを造るという強い信念の元、ヘブン・ヒル蒸溜所の原酒をわずか3人で熟成、瓶詰めをすべて手作業で行っています。品質を徹底的に追求して造っているため、年2回しか製品化できず生産量の少ない、大変貴重なプレミアム・バーボンといわれています。 ラベルに描かれているおじいさんが、商品名の由来となった“ニック”じいさん。アメリカ禁酒法時代にケンタッキーの森の奥でバーボンを熟成し、クリスマスシーズンが近づくと、特別に熟成させた密造酒を少量瓶詰めして、ごく限られた人に売っていたという話に由来します。...
2016/09/16

Webmaster.M

惜しみなく手間ひまかけた製法で、愛されるテネシーウイスキー|ジャック・ダニエル

100年の時を経て、今もなお当時の製法で造られるテネシーウイスキー『ジャック・ダニエル』。現在ではテネシー州で唯一稼働しているジャック・ダニエル蒸留所によって製造されています。 続きをみるテネシーウイスキーは連邦アルコール法により、(1)テネシー州産のサトウカエデを燃やしてできた木炭でろ過すること、(2)テネシー州で造ること、この2つの規定があります。原料や製法はバーボンウイスキーと変わりありませんが、テネシー州で造られるためにテネシーウイスキーと呼ばれるのです。 バーボンとほとんど同じ工程を経て蒸留された原酒は、高さ5メートルの“メローイング槽”と呼ばれる“ろ過槽”に1滴1滴たらされ、10日間もの長い時間をかけてろ過されます。このメローイング槽のなかには、良質のサトウカエデの木炭を砕いたものがろ過材として入っています。こうして一滴一滴ろ過された原酒は、芳醇で均整のとれた原酒へと生まれ変わります。...
2016/09/16
No Image

Webmaster.M

伝統的な製法で継承されてきた、深みのある逸品|オールド・ケンタッキー

『オールド・ケンタッキー』は、オールドケンタッキー蒸留所によるバーボンウイスキーで、今となってはなかなか手に入らない貴重なお酒です。製造元はバーボン蒸留の中心地、ケンタッキー州ネルソン郡バーズタウンにあり、アメリカ国内向けのプレミアムバーボンだけを発売してきた業者です。同地の蒸留業者から購入した最上の樽詰め原酒を、熟練の職人たちの手によって独自に熟成され、バランスの良いバーボンへと仕上げました。 続きをみる現在は終売品である『オールド・ケンタッキー88』は、ラベルに88と記載されているように、バーズタウンでのバーボン造り200年を記念して、1988年に発売された最高品質のバーボンであることを意味しています。『オールド・ケンタッキー・アンバー』はネーミングどおり、深い琥珀色(アンバー)が特徴的な10年熟成のバーボンです。『オールド・ケンタッキー・スペシャル・リザーブ』は15年の熟成の最高級品で、フランス製クリスタル・デカンター入りです。...
2016/09/16

読込完了

ページ読み込みエラー