ランスのメゾン。前身の創業は1734年で、1932年より現在の社名に。

テタンジェのことは、旗艦銘柄のコント・ド・シャンパーニュ(シャンパンの伯爵)を知ることにつきます。

続きをみる

このシャンパンを造り出したのは先代社長のクロード・テタンジェである。彼は、ソースの簡素化や素材の尊重するヌーベル・キュイジーヌの祖・フェルナンド・ポワンと交流があり、軽いフレンチに合うシャンパーニュ、ブラン・ド・ブランを造り出した。

コント・ド・シャンパーニュはコート・デ・ブラン地区のグラン・クリュのシャルドネのみから造られる。ピノ・ノワールのアッサンブラージュが常識であった当時、単一品種のシャンパーニュは衝撃であった。日本料理の影響を受けた発展したヌーベル・キュイジーヌに合う軽やかな辛口シャンパンは、結果として和食にも合い、日本でも人気を博することになりました。

コント・ド・シャンパーニュの元気の良い泡立ちとともに、軽快な柑橘類の風味が愉しめます。

テタンジェの産地

原産地
フランス・シャンパーニュ地方
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…