古代ローマの通行証を象った、ほのかに甘くライトな国際派スコッチ

日本ではあまり認知度は高くありませんが、世界中の人々に愛飲されている国際派スコッチウイスキー『パスポート』。シーグラム社傘下のウイリアム・ロングモア社が1968年に発売した銘柄です。同社はモルトのグレンキース蒸留所を所持しているので、グレンキースをはじめ、グレンリベット、グレングラント、キャパドニック、ロングモーンといったスペイサイドのモルトウイスキーをブレンドして薫り高い逸品へと仕上げています。

続きをみる

スコッチとしては軽めでハチミツのようなほのかな甘さ、フルーティな薫り、程よいピート香が絶妙にブレンドされ、柔らかく滑らかな味わいです。
なかでも一際目立つのが、四角形ボトルの正面に配された変わったデザインのラベル。名門クランに伝わる5つのスコティッシュ・クレストがデザインされています。『パスポート』というネーミングからもわかるように、これは古代ローマ時代の通行証をかたどったもので、ウイスキー通への通行証となるようにとの意味が込められています。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…