2ha程のワイン畑から粒単位の選果で生まれる「シンデレラ」ワインです。

シャトー・ル・パンはフランス・ボルドーのポムロール地区にある有名シャトーで、ブドウ畑は粘土と細かい砂利質であり、下層土は鉄分を多く含む石灰岩で、メルローが植えられておりました。
1979年から始まるシンデレラ・ワイン造りを任されたのは素人のオランダ人アントワン・ヴァン・ゴルプです。彼は非常に几帳面で異常なほど綺麗好きだったので、選果は粒単位で行われ、徹底的に不純物の除去が行われましたが、当時は非常に珍しいことでした。
未熟な葡萄を廃棄することは、当時のポムロールの人々にとっても考えられないことだったからです。
シャトーを購入したジャックの手元には、ステンレス製のタンクがひとつしかなかったために、樽を使って2次発酵をさせることにしました。ボルドーで最初の樽内マロラクティック醗酵が行われました。
「リッチで、フルボディのスモーキーで活力に満ちた」ワインが誕生したのです。

続きをみる

ボルドー右岸らしく、メルロー1%、新樽1%で造られるファースト・ヴィンテージは素晴らしい出来栄えのものでした。
1981年産が市場で「シンデレラ」と称されるほどに脚光を浴び、1982年産がボルドーで最高値となりました。
シャトー・ル・パンが年間生産量約72本という希少性から、現在も地方最高値で取引されています。
絹のように柔らかな口当たりと官能的な肉質、極度に繊細なタンニン構成を包み込んでおり、バランスは完璧です。
強めの新樽風味と滑らかでやわらかな質感は以前のままに、近年は端正な造りや芯の強さが加わったことで、誰もが納得する本当に魅力的なワインになりました。

シャトー・ル・パンはフランス・ボルドーのポムロール地区にある有名シャトーです。以前は独自のワイン名も無く、「クロ・デュ・パン~松の木の区画」と呼ばれる僅か1.6ヘクタールの小さな葡萄畑でした。ヴィユー・シャトー・セルタンのオーナー、ジャック・ティアンポンはリブルヌ市に近いカテュソー村に避暑用の住宅を持っていました。1979年に住宅裏のこの葡萄畑を購入したときから、シャトーのシンデレラ物語が始まりました。

シャトー・ル・パンの産地

原産国
フランス・ボルドー・ポムロール地区
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…