買取事例

“スコッチの王様”を意味するスコッチ

“スコッチの王様”を意味する『キング・オブ・スコッツ』は、1950年に創業したボトラーズとして有名なダグラスレイン社の作るブレンデッド・ウイスキー。もともと量り売りのウイスキーとして売られており、樽から客の持っている陶器製の容器に移して販売されており、その品質の素晴らしさから“スコッチの王様(キング・オブ・スコッツ)”と呼ばれていました。ダグラス・ラング社がその商標権を取得し、世界中に販売されるようになったのです。

続きをみる

ラインナップは『キング・オブ・スコッツ エクストラ・オールド』、メイソン社製のボトル(セラミックボトル)が用いられた『キング・オブ・スコッツ 17年』、英国王室御用達のスポード社による陶器ボトルが用いられた『キング・オブ・スコッツ 25年 レッド』『キング・オブ・スコッツ 25年 ブラック』などがあります。

キング・オブ・スコッツの買取事例

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…