日本では手に入りにくい「幻のシャンパーニュ」

1930年代からグラン・クリュのみのシャンパーニュを造り続けるメゾンで、その名称は、現当主セルジュ・ビリオの父の名にちなんでいます。

続きをみる

アンリ・ビリヨの関心は、シャンパン造りよりもブドウ栽培にあり、アンボネイ村の畑のテロワールを知り尽くした本物のブドウ栽培家でした。

5haのブドウ畑は最上の区画として知られています。ピノ・ノワールもシャルドネも南向きの恵まれた畑に植えられている。アンボネイの畑から収穫される力強いピノ・ノワールと、丁寧に保存されているリザーブワインを混ぜることで、バランスの良いワインを造り上げています。

アンリ・ビリヨは年間の生産量が少なく、そのうちの80%がイギリスに輸出されるため、フランス国内でもめったに見つけることができない稀少なワインです。日本では手に入りにくい「幻のシャンパーニュ」となっています。

アンリ・ビリヨの産地

原産地
フランス・シャンパーニュ地方
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…