高額買取のコツ

世界的に評価の高い本格スコッチ

スコットランドの中でももっとも多くの蒸溜所が密集するといわれるハイランド地方東部のスペイサイド。ウイリアム・グラント&サンズ社は、1887年にこのスペイサイドのダフタウンにグレンフィディック蒸溜所を開設しました。当初は、モルト原酒をパティソンズ社に供給していましたが、1898年にパティソンズ社が倒産。自らブレンデッド・ウイスキーを造るようになったのです。

続きをみる

こうして生まれた『グランツ』は、スペイサイドの3つの蒸溜所より生産されるモルト原酒を中心に20~30種類のモルトと1~3種類のグレーンウイスキーをブレンドしたブレンデッド・スコッチ・ウイスキー。伝統的な味わいをかたくなに守り続けている本格派スコッチとして世界各国で高い評価を得ています。
キーモルトはグレンフィディック(シングルモルトウイスキーの販売量で世界一)・バルヴェニー・キニンヴィ。ブレンドのレシピは100年前にウイリアム・グラントが考案したものとほぼ同じで、現在もグラスゴーにある本社の金庫に大切に保管されているといわれています。
1957年に導入された個性的な三角形のボトルは、ウイスキーは火(石炭の直火炊き蒸留)、水(良質の軟水)、土(大麦とピートという大地の恵み)から造られるという、創業者の信念をあらわしたもの。間違えようのないスペイサイド産のモルトの香りに、クリーンでありながら複雑な麦芽のアロマが重なるしっかりとした味わいが特徴。スコッチの代名詞的なウイスキーといえます。

この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…