高額買取のコツ

山岳地帯の自然が、時をかけて育んだハイランド・モルト

『ダルウィニー』とは、ユナイテッド・ディアジオ社のクラシックモルトシリーズのオリジナルのなかの1本で、ブレンデッド・スコッチ、ブラック&ホワイト、ロイヤル・ハウス・ホールドに用いられる原酒のひとつ。軽やかな麦芽の風味とスムースなテクスチャーが特徴的で、ハイランドモルトにしては軽くて飲みやすく、甘い感じのすっきりした味わいから食前酒向けとされています。自己主張は決して強くないですが、長期熟成されたものはフルーティで華やかなアロマを放ちます。

もともと『ダルウィニー』とはゲール語で“集結場”や“中継所”の意。かつてハイランドの北方や西方からローランドに家畜を売る際に、この地で落ちあったと言われています。そんなこの地に蒸溜所ができたのは1897年、標高330mに位置し、スコットランドの中でも「最も高いところにある蒸溜所のひとつ」でした。創業当時はダルウィニーではなく、ストラススペイという名で呼ばれていました。1898年にオーナーが代わり、その際にダルウィニーと改名されました。この蒸溜所のユニークなところは気象観測所の設備があること。政府の気象観測所を兼ねていて、蒸溜所のマスターが毎朝観測を行っています。仕込み用の水に使うのは蒸溜所の近くの湖。グランビアン山脈に降り積もった雪解け水で、このソフトな雪解け水がダルウィニーをおだやかな味わいへと仕上げています。
主なラインナップとして、15年の長期熟成によって深みが生まれた『ダルウィニー15年』とプレミアムバージョンの『ダルウィニー ダブルマチュアード』があります。どちらもヘザーやハチミツの香りが特徴的で、これはハイランドの山岳地帯の自然によって育まれたものです。とりわけ『ダルウィニー ダブルマチュアード』は、オロロソ・シェリー樽で仕上げの熟成をするため、軽やかなピート香とリッチな味わいに、奥深い甘さも加わりバランスよく仕上がっています。

続きを読む
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…