高額買取のコツ

両刃の剣を意味するブレンデッド・スコッチ

スコッチ・ウイスキーは、イギリス北部のスコットランド地方で製造されるウイスキー。その歴史はとても古く15世紀にはすでに王がたしなんでいたと考えられています。スコットランドは一年中気温が低く、湿地に覆われたやせた大地ですが、ウイスキーの主原料となる大麦の生育には最適で、湿地帯はピート(泥炭)を生み出しました。このピートを使い大麦麦芽を乾燥させることで、生まれるのがスコッチ独特のスモーキーフレーバー。この豊かな香りこそが、スコッチ・ウイスキーの特徴といえます。

『クレイモア』は、ホワイト&マッカイ社のマスターブレンダー、リチャード・パターソンによってブレンドされたブレンデッド・スコッチ・ウイスキー。発売元のA・ファーガソン社はホワイト&マッカイ社の傘下企業。同社は、さらにアメリカン・ブランズ社の傘下にもあります。ホワイト&マッカイ社は、1839年創業のダルモア、1824年創業のフェッターケン、 1965年創業のトミントール・グレンリヴェットなどのモルト蒸溜所を擁しています。クレイモアの販売権は、長らくオールド・パーの発売元であるマクドナルド・グリンリース社が握っていましたが、 1986年からホワイト&マッカイ社に移りました。
『クレイモア』とは、ハイランドの戦士が持っていた両刃の剣を意味し、ラベルにも剣が描かれています。キーモルトには甘く複雑な香味で知られるスペイサイドのモルト原酒クラガンモアを使用。15年は、17年以上熟成の厳選されたモルト原酒をブレンドして製品化したプレミアム品です。香りは重く、深みのあるまろやかでバランスがとれた味わいが魅力。新たにリリースされた21年は、ハイランダーが描かれたセラミック・ボトル入りです。

続きを読む
この記事を書いた人 Webmaster.M ウェブマスター兼錦糸町店バイヤーのMです。錦糸町の定休日廃止に伴って、錦糸町勤務も増えてます。来年こそ痩せたい…